TOP焼酎

 
白石酒造 天狗櫻(てんぐざくら)


鹿児島県日置郡市来町湊町
㈲白石酒造


 

創業
明治27年を創業元年としていますが、それ以前より酒造業を営んでおり、
江戸時代には清酒を仕込んでいたという記録が残っております。

理念
江戸時代より続く鹿児島の伝統産業である芋焼酎造りを通し、日本の食文化を豊かにする。
焼酎を農作物の加工品と位置づけ、地域と連携しながら農業にも
積極的に取り組み、郷土の発展に貢献する。

製造
通常は家族4人と、2人の蔵子を中心に畑の管理、瓶詰め、出荷などを行っている。
北薩摩半島の市比野山系から流れる豊富な地下水を全ての仕込みに使用。
麹には地元の市来で育まれた米を、昔ながらの手造りで製麹。
原料のサツマイモは種子島産3割、長島産3割、地元市来産4割を使用。
一次、二次仕込みともに和甕を使用し、蔵由来の酵母の影響を受け、柔らかいもろみができます。
蒸留はステンレス製と木桶製の2台で極力小さい蒸留器を使用。
蒸留器のわたりの部分に錫を使用することで独特の懐かしい風味のある
焼酎になるよう工夫をしています。

原料
有機野菜や自然農法で作られた野菜は、化学肥料などを使って作られた野菜と比較した場合、
素朴で力強く、より深い味わいを感じることができます。
しかし、その味わいの違いは現在の科学の力では数値化できないものも多いと言われてます。
当蔵では除草剤を使用しないのは勿論のこと、肥料を加えない畑で
サツマイモを栽培するという取り組みを始めています。


鹿児島の日常酒である地酒「芋焼酎」という本質を大切にしながら、
量を追い求めることなく、より嗜好性の高い芋焼酎の可能性を検討し、発展させていきたいと思っています。


蔵元資料より


                  
  天狗櫻25度 テングザクラ

創業当時からの代表銘柄。
一次、二次ともに素焼きのカメを用いて製造しています。
地元の契約栽培米を麹米に、地元のさつま芋を中心に
原料として使用。芋の風味を最大限に引き出し飲む方
に懐かしさ、安らぎなどの余韻を与えられるような焼酎
であります。柔らかな口当たり、分厚いボディ。
通好みの芋焼酎です。

1800ml/¥2,480

  花蝶木虫25度 ハナチョウキムシ

麹に黒麹菌のみを使用しており、黒麹の特徴である
甘みの強さ、柔らかさなどの特徴を出すよう
製造を行っております。
芳醇な香りで濃醇なタイプ。

1800ml/¥2,650


紅椿 ベニツバキ

芋焼酎はさつま芋の風味が抜けるため長期的な
貯蔵を行いませんが、よりまろやかで
深い味わいとなる事を目指して、
ホーロータンクで2年程熟成させております。
熟成酒ならではのしっとりした上品な味わい。
円熟したバランス感が素晴らしい。

720ml/¥1,750

 
 

info@kotoyori-sake.com