東京 八丈島焼酎

情け嶋




時は1853年、ペリー提督が浦賀に来た年に、鹿児島は阿久根の商人、
丹宗庄右ェ門(たんそう しょうえもん)が琉球との密貿易(抜け舟)の罪によって
八丈島に流罪となりました。当時、八丈島では雑穀を使ったドブロクを飲んでいました。
庄右ェ門はさつま芋を見て、九州ではこのさつまいもで酒を造っていると言って、
実家から蒸留器を取寄せ島民に焼酎造りを教えたのが八丈島での焼酎造りの始まりです。
このような歴史から焼酎の教科書には、芋焼酎の産地として鹿児島、南宮崎に加えて
伊豆諸島も入っているのです。



八丈焼酎

情け嶋


店主コメント

ほのかに穀物系の甘い香りがします、アルコリックな香りはほとんどしません。爽やかな辛味があり、乙焼酎独特な強い香りや味は感じませんが、デリケートな麦の風味と淡い甘みあり心地よい飲み口です。
強い香味がないのに、しっかりと主張する味が出ているのは中圧蒸留による特徴かと思います。
蔵元さん曰く、お湯割りより、水割りが合うといのもうなずけます。
スッキリとした辛味とスマートな味わいは間違いなく魚、お刺身に相性
抜群です!



アルコール度数: 25%
原材料:麦・麦麹
河内白麹菌
中圧蒸留


700ml/1,090円(税込)
1800ml/2,000円(税込)

入荷しました!

お問い合わせはお気軽にどうぞ!


 
     
  


 

info@kotoyori-sake.com