COGNAC
 
 
                     コニャックの町
コニャックはパリからボルドー行のTVGにのって465キロ、約2時間半のアングレームで下車し、そこからシャラント川に沿って40キロほど大西洋岸に進んだところにあります。コニャック市はフランス南西部、シャラント県に属します。
コニャックの町が歴史に登場するのは、ワインではなく、塩の貿易湾としてで、その後にワイン商人が台頭します。イギリスやオランダ、スカンジナヴィア諸国の貿易商が、食料の保存用の塩と美味しいワインを求めてシャラント地方へやってきましたが、やがて塩は安価なポルトガル産へ、ワインはボルドー産へととってかわり貿易に陰りが出てきます。
そこで登場したのが偉大な海の冒険者と呼ばれたオランダ人です。
長い航海のあいだに劣化するワインを少しでも長く保存するために焼いたワイン、バーントワインを生産しようと考えます。
生産過剰と販売不振だったシャラント地方のワイン商人とオランダ人の利害が一致し蒸留酒コニャックが誕生したとのことです。
コニャックが世界中に広まったのは洗練された貿易商人がたくさんいるコニャックの町が発信地だったためだと言われています。
 
                 コニャックの生産地域
コニャックとブランディーの違いは何か、答えは簡潔明瞭。
フランスのコニャック地方で造られるブランディーだけにコニャックという呼称が許されています。この地方のブドウ畑から生まれる白ブドウを2度蒸留して造られるオー・ド・ヴィー(蒸留酒)を熟成させたものが正真正銘のコニャックとなります。一般的にコニャックの故郷と呼ばれるのはコニャック、ジャルナック、スゴンザックの3都市となります。AOCによってコニャック用のクリュと呼ばれるブドウ栽培地区は6地区に分類されており、各クリュが異なる土壌と気候を持ち、そこから生まれるワインに独特の風味を与えています。なかでも最上級と呼ばれているのはグランド・シャンパーニュと呼ばれる地区です。(シャンパンのシャンパーニュ地方とは無関係でシャンパーニュとは「開かれた土地」という意味)
コニャックはブドウを収穫した10月から翌年3月31日までに蒸留を終えることと法律で決められてます。4月1日から樽熟成が始まり初年度をコント0とカウントされます。以後一年ごとにコント1、コント2とカウントされます。
コニャックとして販売できるのはコント2からとなります。
コニャックはブレンドして世に送り出されます。各メーカー独自のブレンディングが確立されており、マスターブレンダーは心血を注いで技に限りを尽くします。
 取り扱い商品
 
 PAUL GIRAUD ポール・ジロー

  グランシャンパーニュ地区に、今では残り僅かな貴重な生産者が住んでいます。
その名はポールジロー。ジロー家は400年前からこの地に根ざし、代々農業を営
んできました。1800年代の後半からコニャックの生産を始め、現在に至るまで
高品質なコニャックを生み出し続けています。
ジロー家のコニャックが貴重なのは、ジロー氏がコニャックに対して抱き続ける
「コニャックは自然の賜物」という考えに集約されています。大手メーカーが機
械化されているのに対し、彼は全てのブドウを一つ一つ手で摘み、品質を確認し
ます。イーストを用いて時間を短縮した醸造ではなく、逐一ようすを確認しなが
らブドウを自然に発酵させます。また、一括して大量に蒸留するのではなく、片
時も目を離さず樽に詰めるタイミングを計ります。彼自らが全ての工程を手掛け、
膨大な時間と労力をかけながらていねいにコニャックを生産しています。
コニャックは、ワインと同じくブドウから作られる農産物の一種です。画一化、
量産化された大手ブランドのコニャックではなく、伝統的な製法を頑なに守り続
けているジロー氏でなければ作れないコニャックが、ここにあります。華やかで
気品のある香り、そして複雑に折り重なる味わい。それはまるで、ジロー家のあ
るグランシャンパーニュ・ブートビル村のテロワールをそのままボトリングした
ようなコニャックなのです。


   ポール・ジロー1999

今回、ポールジローより長い歴史の中で、
初となるビンテージ表記品がリリースされました。

通常コニャックでは、VSOPやXOなどで知られるように熟成年数や
ビンテージを表記されることはありません。
しかし、今回ビンテージ表記されたポールジローは、
傑出した素晴らしいコニャックが生まれた1999年単一の
ビンテージだけの専用セラーで熟成させ、
コニャック品質協会の許可を得ることによって特別に生まれました。
これはポールジロー初の試みで、初めてボトリングされた
日本限定スペシャルボトルとなっております。

極僅入荷です。
ご興味ある方のお問い合わせお待ちしております!

500ml
¥8,000(税込価格)
品切れ中です。
再入荷はお問い合わせください。

   裏ラベルに書かれたポール・ジロー氏からのメッセージ

2000年代を迎えるにあたり、
90年代最後のビンテージを単独で熟成させようと思いたちました。
通常は「ラ・モンテンドレ」という農場で、
すべてのビンテージを一緒に熟成させています。
私は、古い農場から500メートルしか離れていないところに「ビルヌーブ」
という新しいセラーをあつらえました。
ここで1999年という単一のビンテージしか熟成させず
他のビンテージのカスクを出し入れしないことで、
シングルビンテージをラベルに書くことができます。
1999年ビンテージのコニャックは、全てこのセラーに入れられ、
1999~2000年にかけての冬に蒸留されたそのときから、
静かに時を刻んできました。
エンジェルスシェアで樽から抜けた分を他にして、
このコニャックがこれまでリリースされたことはありません。
この記念すべきビンテージは、最初に日本のお客様に届けたいと思いました。
ぜひ、初めての試みから生まれた初めてのボトリングをお楽しみください。


ポールジロー

 
 
  ポール・ジロー トラディション

お求めやすい価格ながら、グランシャンパーニュ・ブードビル村のテロワールと伝統的な製法によるポールジローならではの味わいを楽しめる商品。

度数:40度 容量:700ml

5800円

在庫あります。
  
  ポール・ジロー 15年

グランシャンパーニュは年を重ねるほどその良さを発揮しますが、
15年はまさに「古酒の入り口」です。フレッシュな風味と熟成感のバランスが絶妙。
(ラベルにVieille Reserve:ヴィエイユ・レゼルブの表記あり)

度数:40度 容量:700ml

9500円

在庫あります。